ユニ歯研

CAD/CAM冠

「患者様の笑顔のために」をモットーに創業以来、多くの歯科医師の先生方に信頼をいただいております。
高い技術と最新機器を導入し、より高品質な技工物を製作しております。
特に保険適用のCAD/CAM冠に注力し、高品質な技工物のご提供を行っております。

ユニ歯研がなぜ.CAD/CAM冠に注力するのか?

有限会社ユニ歯研代表 蒲原 穂高と申します。
弊社は、1973年から自費ポーセレンワークの専門技工所として、“より確実に” “より美しく” そして先生、患者様に笑顔になっていただけるよう邁進してまいりました。何故今、CAD/CAMミリングセンターを開設したかを知っていただきたく、下記にてご説明させていただきます。
  • 歯科業界・歯冠治療の今

    日本における患者様から歯科診療施設への支払総額は2兆9千億円と言われております。その90%(2兆6千億円)が保険診療の支払いです。その内38%、おおよそ1兆円が歯冠修復にかけられた支払となります。

    先生はお気づきではないでしょうか?
    そうです、日本における歯冠治療は金パラによる治療がほとんどを占めていることを。
    実際91%の治療が金パラによる歯冠治療で占めているわけで患者さんの支払いにおいてかなりの割合を金パラが占めているわけです。
  • 保険治療におけるメタルフリー診療の必要性

    歯冠治療で多く使われている金パラの問題点をご説明させていただきます。
    まず先生が実体験されていることと思いますが、金パラは17年間で3.5倍と高騰しており、不安定な経済性に問題があります。

    次に金パラの多くは限られた資源であるレアメタルに頼っており継続し使用できないという問題点があります。
    最後にパラジウム、インジウム、銀等は毒性が高く金属アレルギーのリスクも高いという点です。
    金属アレルギー、またその予備軍が1000万人と言われており国民皆保険とは矛盾していました。

    これらの問題点を踏まえ、2014年4月より国および行政を挙げて”脱金属”の波に拍車がかかり、CAD/CAM冠が保険収載されました。
    現在、施設基準届出率は全国で約60%になり、もはや避けては通れない術式となっております。
    ご承知の通り、大臼歯にも条件付で保険適用になりました。
  • CAD/CAM冠のメリットと私たちの使命

    先生が今まで築かれた診療スタイルを変えることに不安を感じられていることは重々承知しております。しかし下表のように医院経営において大きなメリットがあり、自費への移行も考えられます。

    私たちは高性能なスキャナー&ミリングマシンを厳選し、マテリアルに関しても高品質で定評のある「カタナアベンシアブロック」を採用しております。
    確かな機械、確かな技術、海外でも修行をして参りました私自身が担当し、一歯ずつ時間を費やし、丁寧に仕上げ、自信を持って先生へご提供致します。
    小臼歯大臼歯
    金属冠CAD/CAM冠金属冠CAD/CAM冠
    1回目診察
    初診料234234234234
    外来環25252525
    失PZ166166166166
    CAD/CAM 形成加算-470-470
    連IMP62626262
    BT16161616
    1回目合計503973503973
    2回目診察
    再診料45454545
    外来環5555
    12%金パラ全部鋳造冠807-947-
    CAD/CAM 形成加算-1582-1723
    装着料45454545
    CAD/CAM 装着加算-45-45
    装着材料T17171717
    維持管理料100100100100
    2回目合計1019183911591980
    合計1522281216622953

ユニ歯研の製品に対するこだわり

  • その1

    高品質で定評のあるクラレノリタケデンタル「カタナ アベンシアブロック」を使用しています。
    天然歯を痛めにくく、接着耐久性、臼歯咬合に耐えうる強度、滑沢耐久性が高い。
    刀 アベンシアブロックのカタログを見る
  • その2

    高性能のCAD/CAMシステムにてスキャン、デザイン、ミリングをします。
    straumann D7Plus
    KATANA Roland DWX-50
  • その3

    熟練の経験と技術をもつ技工士が一歯ずつ時間を費やし、丁寧に仕上げます。

CAD/CAM冠のメリット

・金属のように変動する価格に左右されず、安定して提供いたします。 ・患者様の白い歯のニーズが高まっている中、自費補綴物に比べ患者様の経済的負担を軽減できます。 ・金属冠に比べ審美性・生体親和性に優れています。 ・硬質ジャケット冠に比べ強度に優れています。 ・金属アレルギーの患者様に対応できます。
2016年4月1日より、歯科用金属を原因とする金属アレルギーを有する患者に限り、大臼歯もCAD/CAM冠が条件付きで保険適用となりました。
ただし、医科の保険医療機関又は医科歯科併設の医療機関の医師との連携の上で、診療情報提供(診療情報提供料の様式に準じるもの)に基づく場合に限ります。
またこの度、上下顎両側の第二大臼歯が全て残存し、左右の咬合支持がある患者に対し、過度な咬合圧が加わらない場合等において下顎第一大臼歯に使用する場合において、保険適用になりました。

ご注文から納品まで

歯科医院様より郵便、宅配便で模型(指示書同梱)をご発送ください。
当技工所に模型到着後、CAD/CAM冠を製作し3〜5日後に発送いたします。
※確認事項がある場合はご連絡させていただくことがあります。 本来であれば、お顔をあわせてのお取引をさせていただくべきところですが、ユニ歯研の製作するCAD/CAM冠の良さを適正価格で実感していただく為、送品でのご提供となることをご了承ください。

注意事項

  • 形成について

    [↓クリックで拡大します]

    マージン部の形成量が少ない場合、オーバーカウントゥアになる場合があります。
    ミリングバーの先端がラウンド形状の為、鋭角な部分がある形成では適合が極端に悪くなりますので、隅角部は丸みのある形態にしてください。
  • セメントについて

    必ず接着性レジンセメント(クラレノリタケデンタル社 パナビアV5、SAルーティグプラス など)をご使用ください。
    脱離、破折の原因になりますので、仮着はお避けください。
    セメント接着前にはサンドブラスト処理、リン酸処理、シラン処理をおこなってください。
    支台歯には清掃、乾燥をおこなってください。
    メタルコア・変色支台の場合、金属色(支台歯色)が反映されるケースもございますので、オペーク効果のあるセメントをおすすめいたします。

    [↓クリックで拡大します]

  • 再製について

    再製は、
    小臼歯 ブロック代 \2,700 + 切削技術料 \1,000 = 合計 \3,700(税別)
    大臼歯 ブロック代 \4,840 + 切削技術料 \1,000 = 合計 \5,840(税別)
    となります。
    ※ただし、納品から1年以内に限ります。

施設基準届出書

CAD/CAM冠に関する届け出書ダウンロードは下記よりお願い致します。
複写を含め各2枚ずつを届け出てください。

その他

  • ・ より精度の高いCAD/CAM冠をお求めの場合は、全顎模型をご送付ください。
  • ・ 歯冠長によっては大きいサイズのブロックになる事があります。(+600円)
  • ・ 模型送付時 指示書の複写を添付してください。
    弊社技工指示書ダウンロード(PDFファイル)
お支払いについてはこちらをご覧下さい。